暑さ対策!冷房無しでも涼しい断熱、遮光グッズまとめ

暑すぎる日本の夏、熱中症予防のために役立つ断熱、遮光グッズをご紹介していきます。冷房無しでも涼しい物もご紹介。睡眠時、外出中にも役立つ冷却素材やグッズなど。暑い国の海外旅行でも使えます。上手く使って猛暑を乗り切りましょう!

猛暑でも涼しい服の選び方。夏服は素材をチェックしよう

f:id:mitrax:20160616004415j:plain

夏は暑いもの。冬は着込めばいいけど夏の暑さからは逃げられない。そんな話を聞くことがあります。

でも実は服の選び方で涼しさが全然違ってきます。上手く選べば裸よりも涼しく感じます。服選びは断熱や遮光を考える時に見逃されがちですが、一番大事な体感温度に関係してきます。

ということで今回は夏の服の選び方。夏物のセールで買う服を決める基準にしてみて下さいね。

夏服は涼しい素材のものしか買わない

f:id:mitrax:20160616004441j:plain

夏服選びはとにかく素材が大事です。

デザインが半袖でも生地がしっかりしたコットンだったら暑いのです。
涼しい素材について解説していきましょう。

リネン

「麻」と呼ばれる繊維は数種類あります。その中でもリネンは夏の素材の鉄板です。

汗を吸ってすぐに乾かしてくれるという優れた性質を持っています。さらりと肌にまとわりつかない手触りで、通気性も抜群。乾くのが早いのも嬉しい。

汗をすぐに乾かしてくれて風も通してくれるって時点でもう涼しいですよね。

ブラウスなどの布帛アイテムは少しひんやりした感触があります。コットンのようなふんわり感が好きならニット地のものを選んでみましょう。目が細かい、細い糸で編まれたリネンのニットはふわふわの肌触りが極上です。

リネンは質の良さにばらつきがあるので、買う時に注意しなくてはいけません。安いものはチクチクすることがあります。基本的に値段の高さと比例して質が良くなっていきます。フランダースリネンなどが有名です。

最近では安いのに肌触りの良いリネンを売っているところもあります。ユニクロのリネンシリーズは安いのに高品質なフレンチリネンを使っているということでヒットしました。

麻は洗濯していくとやわらかくなっていきます。買う時にちょっと固いかなと思っても、60度くらいのお湯に20分ほどつけておくだけでもやわらかくなります。さらに洗濯を繰り返すとどんどん肌触りが良くなっていきます。

ただしチクチクするものはやめた方が良いです。ストレスを感じて着続けることができません。


リネン ドロップショルダー ワイドプルオーバー

大麻(ヘンプ)

こちらも麻と呼ばれる繊維の仲間。しかしリネンとは違う植物です。大麻(たいま)なんて言うと麻薬のイメージがあるので、ヘンプが好きな方は「おおあさ」や「ヘンプ」と呼ぶ方が多いです。

実はヘンプは今ひそかなブーム。栽培に農薬を使わないエコな繊維であり、土壌を回復させる働きもします。あらゆる土地で栽培ができて成長も早いです。そして根から茎、葉っぱなどあらゆる部分に使い道があり、捨てるところのない植物です。

服にしたときの機能も優れています。
リネンと同じように汗を素早く吸って乾かしてくれるという特徴があります。また、生地が強い、雑菌が繁殖しにくい、紫外線をカットしてくれる、など魅力的な生地になります。

もちろん夏に着用すると通気性が良くて涼しいです。手触りは混紡する繊維によって変わってきますが、やっぱりリネンと似ていて洗濯を繰り返すとらかくなっていきます。値段によって布の質に差があるのもリネンと同じです。

ヘンプはリネンに比べて固いので、ヘンプ100%の生地よりも綿や絹との混紡などのほうが適度に軟らかくなって着心地が良くなります。

f:id:mitrax:20160615145324j:plain

ちなみに洗濯表示ではこのように指定外繊維と表記されます。

モダール

モダールはレーヨンとよく似ています。レーヨンと書かれることもあります。植物から作られたレーヨンで、レーヨンよりも水洗いに強い繊維です。

特徴として、吸水性と発汗性にすぐれている、手触りがなめらか、ドレープがきれい、などがあります。

レーヨンより強いといえども麻と比べるとやっぱり少し弱いです。

ただしドレープがきれいなのは麻の生地には無い点です。ヨガパンツのような素材によく使われています。


ヨガパンツ サルエルパンツ ★ 7分丈 レディース

このタイプのパンツは私がインドに行った時に現地でも売っていました。インドの猛暑の気候で売られる服ということは、涼しさは保証付きです。

暑い国で売られている服を参考に夏服選びをすると涼しいものが見つかりますのでおすすめです。

インド綿

綿の中でもダントツの涼しさを誇るのがこれです。薄手で風通しが良く、肌にまとわりつきません。吸水性と発汗性もばっちり。乾くのがすごく早いです。肌にまとわりつかないので風通しも良いです。こう書くとリネンのようですね。確かに似た性質です。

リネンとの違いは布の質感があります。リネンはパリっとした固さがあります。だんだんらかくなっていきますが、インド綿とは違う独特の柔らかさです。また、リネンのブラウスなどはしわになりやすいですがインド綿はそこまでではありません。

あとは重さ。リネンの生地の方がほんの少し重みがあると感じます。インド綿はとても薄くて軽いです。

強度に関しては麻が強いですね。インド綿もそこまで弱くはないのですが。

インド綿もインドと名前がついている通り、インドで売られている服には多く使われています。うちにはインドで購入した長袖のトップスがあるのですが、インド綿で出来ていてとても涼しくてお気に入りです。

風通しが良い涼しい素材の服の場合、半袖よりも袖があった方が直射日光をカットしてくれるので涼しく感じます。肌を露出するとじりじりと太陽に焼かれますよね。あの太陽光線から肌を守ってくれます。それでいて生地が肌にべったりくっついたりしないで、服の中を風が通り抜けていくと日影で風を感じているようなものです。

リネンやインド綿の服はどちらも少しハリのある素材で、風が吹き抜けるスペースがあるのです。だからとても涼しく感じます。ゆとりのあるシルエットの服を選ぶのがコツです。


インド綿レースポンチョブラウス

テンセル(リヨセル)

テンセルは布を触っただけで涼感を感じます。まさに夏向けの素材です。こちらの記事でテンセルについて詳しく書いています。寝具にも服にもおすすめの素材ですよ。

素材以外に気を付けること

デザインについては、風の通り道のあるゆとりのあるシルエットが良いです。
トップスならゆったりしたチュニック。ボトムはガウチョパンツやスカンツも良いです。スカートならマキシ丈のロングスカートが意外に涼しいです。インド綿のものがよく売っています。

色は黒だと熱を集めて暑いので白が一番涼しいです。砂漠の国のアラブの民族衣装は白くてゆったりしていて全身を覆っていますね。直射日光のダメージを遮りつつも風を通すことで涼しくなるのです。

それにはやっぱり生地がどれだけ涼しいものかが重要です。吸水性と発汗性に優れたものを、上でご紹介した素材を参考に選んでみて下さい。