読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

暑さ対策!冷房無しでも涼しい断熱、遮光グッズまとめ

暑すぎる日本の夏、熱中症予防のために役立つ断熱、遮光グッズをご紹介していきます。冷房無しでも涼しい物もご紹介。睡眠時、外出中にも役立つ冷却素材やグッズなど。暑い国の海外旅行でも使えます。上手く使って猛暑を乗り切りましょう!

夏の南向きの窓の断熱、遮光に。緑のカーテンってどうなの?

窓の断熱、遮光

f:id:mitrax:20160615003134j:plain

窓から入って来る真夏の日光をどう遮るか。

このブログでは窓の断熱についていくつかの方法をご紹介してきましたが、今回はエコな日よけ方法、緑のカーテンをご紹介します。そして緑のカーテンが面倒という方への代替案も考えていきますよ。

 緑のカーテンの特徴

f:id:mitrax:20160615003216j:plain

緑のカーテンは窓際に植物を植えて室内に日影を作る方法です。生きている植物ゆえの利点が大きいです。

メリット

  • 地中の水を吸い上げて葉から蒸発させて、まわりの熱を奪います。植物が熱くなりすぎないように自動的に工夫してくれるので室内も暑くなりにくい
  • ゴーヤなど食べられる実が成るのでお得感がある
  • 家の外観が素敵

とにかく涼しさを求める人にはおすすめしたいところ。朝顔などで作ると家の外観も華やいで良いですね。

デメリット

  • 部屋がしっかり日影になるので暗くなる
  • 水やりが面倒
  • コストと手間がそれなりにかかる
  • ゴーヤが食べきれない

最後のは意外と重要です。笑
ゴーヤは害虫がつきにくく、放っておけばどんどん育つので緑のカーテンとして人気があります。

うちもゴーヤで緑のカーテンを作っていたのですが、毎日何本も採れるため毎日違ったゴーヤの料理を作らなければならず、結構大変でした。

緑のカーテンが面倒な人の代替策

f:id:mitrax:20160615003310j:plain

植物の世話とコストのことも考えると緑のカーテンは面倒だと感じる方も多いかもしれませんね。
緑のカーテンに近いものでもっとラクなものは、すだれ、よしずです。

涼しさは緑のカーテンに劣りますが、室内は緑のカーテンほど暗くなりません。外の光が入りつつも暑い日差しを遮ってれます。

よしずの使い方

f:id:mitrax:20160615003249j:plain

軒下に立てかけて使うのがよしずです。よく海の家で見かける、大きいアレです。
立てかけるだけで終了なのでラクです。

よしずに水をかけてやるとさらに涼しくなります。緑のカーテンが地中の水を吸い上げて発散させて周りを涼しくする原理と同じです。

風通しも良いので便利に使えます。


高級よしず たて簾 【送料無料】

すだれの使い方

よしずよりも扱いやすい大きさのすだれ。窓の外に吊るすのが一般的です。

こちらも暑い日光をカットしつつも外が見える明るさで、風通しが良いのでカーテンよりも涼しいです。

ブラインドと似ていますが、すだれは竹などで出来ていて空気の層を含んでいるので、それが若干の断熱効果として働いて涼しくなるのです。

 


【選べる8色】和の彩りにこだわったオシャレすだれ (幅88×長さ180cm)

まとめ

緑のカーテンも見ていて楽しいし涼しいですが、よしずやすだれも日本の夏の風流さがあって素敵だと思います。古くから使われているものは日本の気候に合ったものが多いです。だから長く伝えられて残っているのです。
今年の夏は古き良き和の魅力を味わってみませんか。